「フリーソーラープロジェクト」って知っていますか。三重県伊勢市の「株式会社ハイアップ」ではエネルギーの地産地消で持続可能社会を実現します。

スタッフブログ

▼▼▼無料の電気診断は下記をクリック▼▼▼

「フリーソーラープロジェクト」とは、「分散型エネルギー」の普及と「クリーンエネルギー」の推進を目的としている、持続可能な社会を実現するための、再生可能エネルギープロジェクトで注目を集めています。

 

「フリーソーラープロジェクト」とは、一般住宅の屋根に太陽光発電パネルを設置していただき、発電された電気をご自宅で消費し、使われなかった電機を余剰電力として売るといった仕組みのことです。ここまでは通常の太陽光発電の仕組みのことかと思われますよね。でも、ここからが違うのです。太陽光発電の設置費用は本来住宅オーナー様が支払うべきなのですが、住宅オーナー様に代わって大手企業がその代金を負担していただけるといったシステムになっています。その後、住宅オーナー様は今まで電力会社に支払っていた電気料金を、その大手企業に支払っていき、最終的に設置費用に到達した段階で、住宅オーナー様に無償で譲渡されるといった仕組みとなっています。つまり月々の電気代を支払っていく感覚で太陽光発電設備が、住宅オーナー様のものになるのです。この「フリーソーラープロジェクト」正に夢のような画期的システムで、今後ますます広がりを見せてくれるものと期待をしています。

メガソーラーは里山を開発し設置されることが多く、森林破壊、生態系の破壊、害獣被害など自然を破壊しています。

 

里山に造られるメガソーラーの最大の問題は、自然本来の地形を、これまでにない規模で根こそぎ削って平らにしてしまうこと。例えばゴルフ場も森の貯水機能を大きく奪いますが、地形が残っている限り、環境の再生は可能。しかし、メガソーラーの場合は、自然環境の力は、未来永劫戻ってきません。自然の地形には意味があり、環境上あるいは防災上の要の地が、山頂部尾根筋や谷筋です。だからこそかつては、集落の裏山の山頂部に祠を置いて一帯を鎮守の杜として守り、そして水の湧き出す谷筋には龍神様を祀って、触れない場所を設けてきました。現代はそうした先人の叡智が忘れ去られ、守るべき健康な自然環境も蹂躙されて顧みられず、その結果として水害土砂災害を増幅させている、その果ての際たるものがメガソーラーではないでしょうか。持続可能な社会を築くために「再生可能エネルギー」は必要です。しかし、自然を破壊してまで押し進めることは良くないことです。このような現状を「フリーソーラープロジェクト」が解決へと導きます。我々と一緒に再生可能エネルギーの本来の目的へとチェンジしてまいりましょう。

タイトルとURLをコピーしました