電力自由化 導入事例⑥ 病院様の電気料金値下げ事例です。

電力自由化 導入事例

▼▼▼無料の電気診断は下記をクリック▼▼▼

入院及び外来のある病院様の電気料金値下げ事例

30床程度の入院患者を受け入れることができる病院様の事例ですが、契約電力が192Kwで年間の消費電力量は665,207Kwの実績がありました。実績に基づく負荷率は39.55%(665,207kw÷8760h÷192kw)で、全量を新電力に切り替えた場合の値下げメリットは残念ながら出せませんでした。そこで、一般電力会社と新電力会社の2社が192kwの契約電力を分散して同時に供給を行う、部分供給という方法によって値下げ試算を実施致しました。その結果、ベースの供給部分を一般電力会社で担い、負荷追従部分(不足分)を新電力会社が担うことになります。これで、ベース部分では契約電力が96kw、消費電力量が611,983kwで負荷率72.8%(611,983kw÷8760h÷96w)となります。負荷追従部分(不足分)では契約電力が96kw、消費電力量が53,314kwで負荷率6.34%(53,314kw÷8760h÷96kw)となります。この結果、新電力会社の負荷率が大幅に下げることができたので、値下げのメリットが生まれたことになります。最終的な値下げ金額は、年間約100万円となり大きな値下げメリットを受けていただきました。切り替えをされる前にお支払いをしていた電気料金は、年間約1,350万円で新電力への切り替えた後では、年間約1,250万円となり、実に削減率7.4%という高い値下げメリットとなった事例でございます。

タイトルとURLをコピーしました