フリーソーラープロジェクトに託す思い


▼▼▼無料の電気診断は下記をクリック▼▼▼

フリーソーラープロジェクトとは

「フリーソーラープロジェクト」とは、太陽光発電システムをご自宅に無料で設置、ご自宅で「発電」し、ご自宅で「消費」する、「電気エネルギーの地産地消」を推進するプロジェクトのことです。当然ながら、再生可能エネルギーとなりますので、「フリーソーラープロジェクト」は温室効果ガスを排出しない環境にやさしいプロジェクトでもあります。

次の世代へそしてその次の世代へと、“美しい日本、そして豊かな地球”をバトンタッチしたい。これが「フリーソーラープロジェクト」に託す私たちの思いです。どうか一人でも多くのご参加を心より切望いたします。

着々と変化する制度

日本ではスマートメーター導入など電力計量システムが着々と整備されていて数年先には、制度も今までと全く違うエネルギー社会を迎えることでしょう。
電力会社から消費者へ、一方向で電力を販売していた仕組みが変わり、自家発電した再生可能エネルギーをご近所同士で分け合う。そんな、新しいエネルギー社会への道がひろがっています。

私たちは、新しいエネルギー社会にはより多くの分散型、且つ再生可能な発電所が必要と思い「フリーソーラープロジェクト」をすすめています。近い将来、数多くの住宅オーナー様が自己負担なく太陽光発電所オーナー様になり、小さなコミュニティで、再生可能エネルギーを効率良く生産・消費する、次世代の電力網「スマートグリット」が確立されます。
私たちは、その基盤となる「住宅用太陽光発電システム」の更なる普及に向け、「フリーソーラープロジェクト」を推進してまいります。

ハイアップの事業(活動)指針

フリーソーラープロジェクトの目指すもの

  • お家で発電、お家で消費(地産地消推進)
  • 再生可能エネルギーの拡大
  • 分散型エネルギーの確保
  • 自然破壊の抑制(里山開発など)

フリーソーラープロジェクトは住宅用太陽光発電の普及推進プロジェクトです。戸建ての太陽光発電を普及させることで、Co2を排出しないクリーンエネルギーによる「分散型発電」と、再生可能エネルギーの「地産地消」を目指す事業です。このプロジェクトはメガソーラーとは違い、一般住宅の空いた屋根のスペースを使いますので、美しい景観や生態系を壊すことなく「分散型電源」を進めることが可能です。

全国の太陽光発電普及率は6.6%ほどで、「分散型発電」やスマートグリッドの構築は不十分だと考えます。弊社では、この活動を進めることで更に一般住宅の太陽光発電システムの普及を加速させ、持続可能な社会を目指してまいります。地球温暖化による気候変動は世界で起きています。

日本でもゲリラ豪雨や記録的短時間大雨など、温暖化による影響はますます高くなってきます。ドイツでは、発電を再生可能エネルギーを80%近くまで高める施策に舵を切り始めています。

日本ではまだまだといった感は否めませんが、このプロジェクトによって環境の良い社会を、次世代にバトンタッチをと考えています。

目指す次世代電力網

ブロックチェーンを利用したP2Pによる電力取引

P2P電力取引とは、Peer to Peer(ピア・ツー・ピア)の略で、第三者(電力会社等) を介さず、個人間(お客さま同士)で電力を取引するものです。

従来の電力取引

電力会社等との取引を前提として、電気の購入や太陽光発電による売電を行う

▼▼▼これからの電気社会▼▼▼

P2P電力取引

個人間で直接電気の売買が可能になる

フリーソーラープロジェクトをもっとわかりやすく解説!

電気を作るのは、発電所。
発電所は、家から離れた場所にある。
このように考えていたのは、過去になりつつあります。
電気の使用量を計るにおいても人からスマートメーターに変わり、電気事情は大きく変わろうとしています。
令和元年、今まさに「お家が発電所」に変わりつつあります。

自宅の太陽光発電でつくられた再生可能エネルギーは、自宅で消費でき、ご近所で分け合うこともできます。
これまで電力会社から買っていた電気を自分の家で作れて、分け合って、販売もできる時代になりました。

近い将来、法律や制度がこれまで以上に整い、今までと全く違うエネルギー社会を迎えることは明らかです。
一人ひとりの行動が、夢のような新しいエネルギー社会に繋がっています。

フリーソーラープロジェクト

再生可能エネルギーの発電所を身近にし、より多く分散させることにより災害時等のリスクに対応できる、環境負荷の少ない社会を目指し構築された日本初のプロジェクトです。

フリーソーラープロジェクトは、再生可能エネルギー推進企業がシステムオーナーとなるため、太陽光発電システムを設置するための費用は一切いりません。

設置後は、株式会社デンカシンキが開発した発電決済という決済方法に基づき、9~10年程で再生可能エネルギー推進企業から住宅オーナー様へ太陽光発電システムが無償で譲渡されます。
設置から無償譲渡まで、何もしなくても太陽光発電システムでつくられた電気が価値をもたらしてくれます。

設置費用が不要なためローンを組む必要もなく、多くの住宅オーナー様が、太陽光発電という自宅に設置された発電所のオーナー様になり、地域コミュニティで再生可能エネルギーを効率良く生産し、消費する「スマートグリット」が未来の電力網として確立されます。

我々は、「住宅用太陽光発電システム」の更なる普及に努め、「未来の電力網」の基盤づくりに邁進してまいります。
フリーソーラープロジェクトにご協力いただける住宅オーナー様に深く感謝いたします。

 

メールでのお問い合わせ

タイトルとURLをコピーしました