LED照明による省エネ対策


▼▼▼無料の電気診断は下記をクリック▼▼▼

「新電力」と「LED電球」で最強のコラボを実現

新電力+LED電球=省エネ(低炭素社会の実現)

大手電力会社から、新電力(イーレックスなど)より電気を購入することによって、賢く電気料金を節約することができます。契約の大きな高圧電力では、年間数百万円の節約事例もあり、そのインパクトは大変大きいと考えます。節約ができたことは大きな利益の改善になる一方で、将来に向けた投資可能となるキャッシュが生まれたことにもなります。

弊社では、新電力の切り替えによって生まれたキャッシュを使い、現在の白熱電球をLED化していくことで、消費するエネルギーの削減をご提案いたしております。正に、「新電力+LED=省エネ(低炭素社会の実現」とういう構図が成り立ちます。

ひとつの実例を申し上げますが、ある旅館さまでは新電力への切り替えによって電気料金を約180万円(年間)節約されました。そして、その180万(年間)を使って稼働時間の多い蛍光灯をLEDに変更する設備費用としてご使用になられました。他方、実際のLED化に掛かる費用は約380万円(工事費込み)でした。

LED電球の特性は皆さまもご存じのように、消費電力では白熱球の1/2から1/5の消費電力で照射されるので、消費する電力量が大幅に減少いたします。また、照射可能な有効時間も4万時間~5万時間と長く、長期で見れば消耗品費用も削減が可能です。

このようにLED化を進めることによって節約できた金額は140万円(年間)となり。新電力切り替えによる節約額180万円と、LED化による節約額140万円で、合わせて320万円(年間)もの節約に成功をいたしました。(下図が削減イメージです)

もうひとつ重要なことはLED化によって省エネとなりCo2も削減できるという点です。現在の発電方法は火力発電が多く、石炭、石油、LNGなどの燃料を燃やして発電しておりその際にCo2を排出しています。LED化によって消費電力が減少することは、発電時のCo2が減少することにつながります。

このように、事業所様にも大きなメリットが生まれ、更に環境への貢献が期待される取り組みに是非ともご賛同賜りますようにお願い申し上げます。
まずはお気軽にご相談をお願いいたします。

ある旅館様での事例

 

メールでのお問い合わせ

タイトルとURLをコピーしました